おうち看護の工夫:自宅でのネブライザー

お知らせ

こんにちは!

今日はおうち看護の工夫、第1弾です。

往診では様々なおうちに伺いますが、

どこのおうちでも、その子に合わせた看護の工夫をしながら日々頑張ってらっしゃいます!

他の皆様のお役に立つかも、と思い、その工夫を共有させていただきます。

今日のご紹介は、ご自宅でネブライザーを実施している方です。

動物のネブライザーは、霧がもくもくのお部屋に入ってもらい実施します。

さて、病院なら設備があっても、おうちでのネブライザーはどんなお部屋でやろう…

悩まれることかなと思います。

私がご自宅で見たことがあるのは、下記です↓↓

・衣装ケースに空気穴をあけた、手作りケース

・酸素室の中

・通院用のキャリーバックの穴をサランラップやビニールで塞ぐ(→これは簡単ですし、コストかからず!ブログ内のお写真の通りです!)

ネブライザーは慢性の鼻炎や、副鼻腔炎、一部の気管支炎などで行われる治療です。

もちろん通院して病院で受けることもできますが、薬剤を処方してもらい、ご自宅で実施している方もいます(病気にもよるので、かかりつけの先生に相談してみてください)。

困った際のヒントになれば嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました