お知らせ・コラム

information
戻る記事一覧に戻る
飼い主様向けコラム

診療日記 カルテNO.5

今回は、外傷性後肢麻痺のわんちゃんの車いす製作をお手伝いしましたのでご紹介します!

この子は事故により両方の後脚が麻痺してしまい、自力で歩けなくなってしまいました。

飼い主さんは、車いすについて教えてほしい、リハビリをお願いしたい、ということで往診での診察を依頼されました。

最初にご自宅に訪問したときは事故から1ヶ月が経とうとしているところでした。

医療センターでの集中治療を受け、幸い一命は取り留めたものの、食欲や元気がなく、、。

お散歩が大好きだったというこの子は、突然自分の体が思うように動かせなくなってしまい戸惑っている様子。とても不安げな顔をしていたのが印象的な子でした。

この子にもう一度歩けるようになってほしい、とにかく元気になってほしいというのが飼い主さんのお願いでした。

車椅子を製作している工房さんをご紹介し、後日、みんなで一緒に採寸をしました。

初めは進み方がわからず戸惑っている様子でしたが、1週間もすれば自分で行きたい方向に進めるようになりました!とのこと。

少しずつ外へ出るようになり、表情も明るくなった気がしますね。

すっかり食欲も戻り、今はリハビリや漢方治療などを頑張ってくれています!

この記事を書いた人

往診獣医師協会管理アカウント

すべての記事

アーカイブ

この記事をシェアする

記事カテゴリー